FC2ブログ

* a little pudding *

ハンドメイドとプリン
TOP日記 ≫ ご無沙汰しておりました

ご無沙汰しておりました

なんだか忙しく、体調もあまりよくなく、
気付いたら、だいぶ更新できずにおりました。

ご心配をおかけしてすみませんでした。

3/3も出店できずにすみませんでした。


久しぶりのブログに書く内容ではないかもしれませんが・・・
自分へのキロクもあり、更新します。

昨日まで手作り雑貨マルシェin前橋に
ご出店、ご来場、お手伝いしてくださったみなさま
心から感謝申し上げます。

金曜日、前日搬入の日に、
100才の祖母が、旅立ちました。

続きは、気になる方にお読みいただければ・・・と思います。




何年前から、何回も、覚悟してくださいと言われていて
そのたびに、お別れを想ってきました。

「今晩がヤマです」は、初登場のワード。
祖母が「(死んだ)おじいちゃんが見当たらない」と言いはじめ、
「おじいちゃんが、さっきまでその辺に」に変わって
意識無くして2日後のことだった。
でも、「今晩が・・」が何日も続き
時間をみては、
祖母の顔と、つながれた機械のピコピコを眺めに行ってました。
マルシェの準備もなかなかできず、
文章がまとまらなくてメールの返信もままならなくて・・・
出店者さんには、ご迷惑をおかけしました。
すみませんでした。


私がハンドメイドを始めたきっかけは、
きっと祖母で、
小さなころから預けられていた祖母の家には、
足踏みミシンがあって、
いつも裁縫箱がひろげられていて、
ハギレをもらって、子供なりの作品を作っていた記憶があります。

子どもの頃、病弱だった私は、
よく保育所を休んで、祖母に看病してもらっていたなぁと
思い出しました。
時々、ミシンのカタカタを聴くのが、
心地よかったような気がします。

子どもの頃、ミシンをいじると、
針が危ないと 周りの大人に怒られて
はやく、椅子に座って、カタカタしたいと
憧れて、かっこいいと思ってた足踏みミシン。

怒られて、押し入れに閉じ込められたりしたけど、
一緒にうどんを打ったり、
餃子を作ったり、
クッキーを作ったり、
作る楽しみを教えてくれた存在でした。


前日搬入の前の日の夕方、
「明日から3日来れないから」と
顔を見に行って
何時間もしないうちに、病院から呼ばれて
夜中なので、一旦解散。
残った事務作業があったので、
余計なことは考えずに、
名札の印刷したり、持ち物点検したり・・・
でも、一回マルシェのために寝ようと思って、
横になったら、夢におばあちゃんが出てきた。
待合所みたいなところに
歩けるようになってるおばあちゃんが座ってて、
母が編んだカーディガンを着て
誰かを待っていた。
はっ!!!て起きて、
もう一回、病院に行こうと決めて、
朝を待ってたら、おばから電話きて
届け物しながら、病院行って
私がついて 何分も?何秒も?しないうちに
ピコピコが まっすぐの線になった。

お見送りを何度も経験した私が、
各所に電話連絡して、
あとは、いとこに任せて
コンビによってポスター印刷して
前日搬入行って。

祖母の希望で葬儀はなかったので、
マルシェ1日目の朝
とってもいい天気の日に煙になってあがっていった。。。

私たちは行けなかったけど、
生きてるうちに、たくさん話もしたし、
いっぱい笑ったし。

祖母が大好きだった手作りに関わる時間を
多くの方と一緒に2日間過ごせたので、
なにより なんだと思う。

100才と17日。
みんなに看取られて、シアワセだったかな。。。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする